遂にアラフォー独身おひとり様女子【沖縄移住】

つぶらな瞳ちゃん私の生い立ち

こんにちは♪つぶらな瞳ちゃん♪です(*’▽’)

私の生い立ちを、今まで2記事書いてきました。

アラフォー独身女子の波乱万丈人生を語っております。

それでは続きをご覧ください♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遂にアラフォー独身おひとり様女子【沖縄移住】

人生リセットしてから

会いたい人に会いにバリ島まで行って、帰って来てから色々あって早半年が経過しました。

たまたま友達と宮古島へ旅行に行く事になっていました。

これがまた波乱万丈で行った初日に高熱を出し、ろくに観光出来ずホテルで寝ることになりました。

ちょうど大雨である意味ラッキーでした(笑)

次の日まだ熱が下がらないのに体験ダイビングの予約を入れていたのです。

でもキャンセルしたら友達に悪いので、本当はダメだけど解熱剤を飲んで挑みました(;’∀’)

初体験でドキドキMaxで1本目潜って、

超楽しい~(´▽`*)


しかし船に上がったら友達の様子がおかしいのです。

どうやら肺に空気を入れすぎると浮上したら嘔吐する現象があるらしいんです。

それになってご飯も食べられない状態になっていました。

それに引き換え私はというと、めっちゃ元気になって昼食のタコライスをモリモリ食べて1人で2本目潜りに行きました(*’▽’)

もはやどっちが体調不良だったのか分からない状態(笑)

3日目は超快晴で、沖縄の海の綺麗さに圧倒されるました。

海なし県の住人からすると、もはや天国♪

宮古島が大好きになって帰宅して、今後の人生どうしようかと考えるのです。


人生の賭けに出る

実は、とある仕事をしようとしていたけど職業病になってしまい、就職決まってたのに白紙になりました。

お先真っ暗になり、とりあえず自分に問いかけてみたんです。

今仕事とか抜きで何したい?

沖縄行きたい!ダイビングしたい!

これが私の答えでした。


そんな時ネットサーフィンしていたら、たまたまサイト広告に目が留まったのです。

「リゾートバイト」

速攻調べまくったら往復の交通費定額負担で寮費無料、食事補助もありました。

めっちゃええや~ん(笑)

という事で、リゾートバイトの会社を調べまくってよさげな所2社に登録しました。

面接もなく、履歴書も手書きしなくてよくて最高でした!


会社によって案件が違うので、いくつかのリゾートバイト会社に登録して活動するのがおススメです♪

たとえ案件が一緒でもお給料が全く違うことがよくあるので、1つの会社だけでなくたくさんのリゾートバイト会社に登録して比較するのが良いです!

リゾートバイトに興味がある方は、下記に大手のリゾートバイト会社を貼っておくので見てみて下さい。


どこのホテルにしようか迷いましたが、とりあえず一番遠い西表島へ応募したらまさかの不合格。

やっぱり宮古島が好きだから宮古島のホテルに申し込んでみました。

またまた不合格。

申し込んでも申し込んでも採用されないんです( ;∀;)

10社くらい申し込みましたがすべて不合格でした。

そんなこんなで1ヶ月が過ぎようとしていたのです。


遂に採用される

リゾートバイトの会社2社にお願いしてましたが、1社の営業マンの人は対応が横柄な感じでした。

それに引き換えもう1社の営業マン達は、私が採用決まるまでその沖縄営業所皆で頑張ってくれたんです!

たくさん落ちてるので、事務所の営業マン全員にお世話になってました(笑)

そして遂に、念願の派遣先が決まりました

本当に良い営業マンで、その人がいなかったら今の私はいません。

私が働いている間に、その担当者さんは東京へ引き抜かれてしまいました。

仕事ができる人は引き抜かれますよね。

少しずれてたら出会うことができなかったのを考えると奇跡としか思えません。

誰と出会うかで人生変わりますね!

出会いに感謝です。

採用が決まって10日後には沖縄へ旅立つのでした。


念願の沖縄生活

私が採用されたのは沖縄本島の恩納村(おんなそん)にある老舗リゾートホテルでした。

これまた不思議な縁で、高校時代の修学旅行で泊まった思い出のホテルだったんです。

何十年も前だけど相変わらず立派なホテルで、こんなホテルで働けるなんて夢みたい!と思いました。

とはいえ仕事をしに来てるので淡々と仕事をこなす毎日。

生活しながらなので中々観光は行けませんでしたが、少し行けば海がある生活は癒されました。

車がなかったので、ひと月に1回連休もらってレンタカー借りて、1人でリゾートホテル泊まって観光するのが楽しみでした♪

おひとり様行動が全く苦じゃないから楽しかったです(*^^*)

3ヶ月目でレンタカーをちゃんと借りたので、休みのたびにドライブしてました。

沖縄に住んだら毎週海に行けるなんて最高!

益々沖縄愛を強くするのでした。


運命の出会い?

リゾートバイトの契約が8ヶ月だったので、契約満了で実家へ戻りました。

実家へ戻る前日、空港近くのリゾートホテルに1人で宿泊した私(^o^)/

泊まったホテルはこちら!

泊まった次の日、ホテルから空港へ直行便の送迎バスが出ていたのでバスの出発を待ってました。

すると野良猫が近寄ってきたんです。

そして謎のおじさんも近寄ってきました(笑)

その人は送迎バスの運転手さんで、出発時間まで立ち話して時間になってバスに乗ったら乗客は私1人でした。

空港までの20分間おじさんと話しをしていたら、その人は偶然にも私が住みたいと思っていた町に住んでる人だったんです!!

空手道場を運営しているちゃんとした人で、

私その町に住みたいんですよ~

実家に着いたら電話ちょうだい

と言っておじさんが名刺をくれました。

10時間かけて実家へ戻りおじさんに電話して、その時はそれだけでしたが、その後大変お世話になるんです。

この人がいなかったら、今私は沖縄に居れてないはずです。

不思議なご縁ってあるんだなって実感しました(*^^*)


40日後沖縄に戻る

実家へ帰省したものの、私の心はすでに沖縄でした。

両親は帰って来てホッとしてましたが、自分の本心を伝えてなかったのでちょっと心が痛みました。

でも私の人生は私の物、親が敷いたレールには2度と乗らないと決めていました。

リゾートバイトしてる時に、沖縄の派遣会社に登録しておいたんです。

両親に、沖縄に本気で移住すると伝えたのは家を出る1週間前でした。

両親の悲しそうな顔を見たくなかったので、ギリギリまで言いませんでした。

箱入り娘として世間を知らずに育った私だけど、沖縄で生きて行く為に自分で色々手配して準備は万端にしておきました。

しかし、いざ沖縄へ移住してみたものの良い職場が見つからなかったんです。

自分で就職先決めて入社したら、ブラック企業で3日で退職。

途方に暮れていたらあの送迎バスのおじさんに呼び出されました。

私の家の近くが、たまたまおじさんの職場の近くだったんです。

今考えても奇跡としか言いようがないです。

仕事が終わった後に必ずコーヒーを飲んでから帰るおじさん。

よく呼び出して気分転換させてくれたんです!

そのおじさんが私に元気をくれたお陰で新しい就職先も決まり、沖縄生活がスタートしたのです(*’▽’)


まとめ

やっと沖縄生活をスタートさせました!

しかし、いくらリゾートバイト8ヶ月間してたからって、よく知り合いもいない遥か遠くの沖縄に1人で移住したもんだなって自分でも感心しました(笑)

きっとこれが魂の叫びだったんですよね。

私の生きる場所は地元じゃない、沖縄だ!って

基本友達いない人生だったので、1人で出かけるのも全く抵抗ないのでどこで暮らそうと同じなんですけどね♪

そしてこれから、沖縄の不思議な出来事に遭遇することになるのです。

続く…


コメント

タイトルとURLをコピーしました