【沖縄那覇市】開運首里12カ所巡り(テラマーイ)|首里観音堂

慈眼院(首里観音堂)沖縄の神聖な場所

今日は沖縄県那覇市にある「首里観音堂」をご紹介します!

首里十二カ所巡りという琉球時代からの参拝方法の参拝先の1つです(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【沖縄那覇市】開運首里12カ所巡り(テラマーイ)|首里観音堂

首里12カ所巡り(テラマーイ)

慈眼院(首里観音堂)

「首里観音堂」は沖縄県那覇市にあり、那覇空港から車で高速道路を使わずに約20分、約8キロの場所にあります。

朱色の建物は首里城を感じさせますね。

沖縄には御嶽(うたき)がたくさんありますが、神社仏閣もちゃんとあります。

移住したての頃は御嶽(うたき)が神社仏閣の役割を果たしていると思っていたので、ないものかと思っていました(^▽^;)

正式の寺号は「慈眼院」(じげんいん)といい、臨済宗妙心寺派に属する寺院です。 通称、首里観音堂とも呼ばれています。

寺院の創立縁起は、琉球王朝時代、佐敷王子(のち尚豊王)が人質として薩摩に連れて行かれた際、父・尚久王は息子が無事帰国できたら首里の地に「観音堂」(観音様をお祀るお堂)を建てることを誓願されました。

その後、無事帰郷したので、1618年、首里の萬歳嶺という丘(高台)に観音堂を建て、その南に、慈眼院を建立しました。

1645年より毎年、琉球王国国王が国の安全を祈願・参拝するようになりました。

*沖縄随一の観音信仰の聖地となっている。

*御本尊様は「千手観音菩薩」。

臨済宗慈眼院 首里観音堂公式HP引用

首里には「首里12カ所巡り(テラマーイ)」という参拝方法が琉球時代からあります。

首里十二カ所巡りとは、首里十二支詣り、テラマーイ(寺参り)などと呼ばれる、首里にある4カ所の寺院に祀られている十二支の守り本尊を巡拝する、琉球時代からの参拝方法です。年末年始や厄年、人生の節目などに十二支の神様に日々の感謝を伝え、これからの健康や開運、御加護を祈願します。

一般社団法人那覇市観光協会公式HP引用

12カ所巡りというから12カ所あるのかと思ったら、寺院は4カ所。

なぜかというと守り本尊が1つの寺院にいくつもある場合があるからです。

  • 首里観音堂・守り本尊
  • 子(千手観音)
  • 丑・寅(虚空蔵菩薩)
  • 辰・巳(普賢菩薩)
  • 午(勢至菩薩)


  • 安國寺(あんこくじ)・守り本尊
  • 酉(不動明王)


  • 西来院(達磨寺)(だるまでら)・守り本尊
  • 卯(文殊菩薩)
  • 戌・亥(阿弥陀如来)


  • 盛光寺(せいこうじ)・守り本尊
  • 未・申(大日如来)


以前ご紹介した「西来院(達磨寺)(だるまでら)」も「首里12カ所巡り(テラマーイ)」の1つです。

テラマーイの事を知らなかった私ですが、前の職場の人から縁結びに良いと言われて最初に達磨寺に行きました!

それが偶然にも守り本尊が自分の干支でした♪

呼ばれてたわ(*’▽’)

しかし達磨寺は安産祈願で有名なようです(^▽^;)

安産より、まずは相手探しだわ(笑)

首里には美味しいコーヒー専門店もあるので、一緒に観光するのがおススメです(*’▽’)


高台にある

慈眼院(首里観音堂)

「首里観音堂」は高台にあり、傾斜地にあるため入口が下にあります。

駐車場が入口より上にあるので、上の写真の入口を通らずに入れます。

駐車場もたくさん確保してくれているので、止められないことはないのでありがたいです(*^^*)

慈眼院(首里観音堂)

首里観音堂は何度も足を運んでいますが、常に地元の参拝者の方がいます。

皆さんから愛されている寺院なのがうかがえますね♪

慈眼院(首里観音堂)

境内にはたくさんのお守りが売られています。

慈眼院(首里観音堂)

干支にちなんだお守りがたくさんありますね♪

慈眼院(首里観音堂)
慈眼院(首里観音堂)

敷地内には見晴らし台があり、那覇市を一望できます。

国王もこの場所から国の安全を願ったそうです!

ぜひ国王の気分を味わってください(*^^*)


終わりに

今回は那覇市にある首里観音堂をご紹介しました。

那覇市は首里城が有名ですが、他にも魅力的な場所はたくさんあるので一緒に観光してもらいたいです(´▽`*)

おしまい♥

首里観音堂公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました