【日本最大級の鍾乳洞があるテーマパーク】おきなわワールド

おきなわワールド沖縄おすすめ

今日は沖縄本島南部にある、日本最大級の鍾乳洞があるテーマパークの「おきなわワールド」をご紹介します。

園内には、ハブ博物公園や酒造所、体験コーナーなど鍾乳洞以外でも楽しめます♪

創作エイサーが無料で見られるのも魅力です!

【エイサーとは】

本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能のひとつで、主に各地域の青年会がそれぞれの型を持ち、旧盆の夜に地域内を踊りながら練り歩く。

沖縄全島エイサーまつり実行委員会公式HP引用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【日本最大級の鍾乳洞があるテーマパーク】おきなわワールド

玉泉洞(ぎょくせんどう)

玉泉洞

「おきなわワールド」は沖縄県南城市にあり、那覇空港から車で高速道路(無料区間)を利用して約35分、約20キロの所にあります。

おきなわワールドには、「玉泉洞(ぎょくせんどう)」という鍾乳洞があります。

鍾乳石の数は100万本以上で国内最多、全長は5000メートルで国内最大級といわれる天然記念物の玉泉洞は、県民で知らぬ人がいないほどの有名な観光鍾乳洞となりました。現在890メートルを公開、残りのエリアは研究用として保存されています。

おきなわワールド公式HP引用
玉泉洞

鍾乳洞の中は少し薄暗いので、一緒に行った姪っ子は怖いから早く出ようと言ってました(笑)

閉所恐怖症の方には約1キロの道のりは難しいかもしれませんね。

玉泉洞

所々ライトアップされていて、行くまでは元からこの光を放っているのかと思っていました(笑)

そんな訳はなく、演出でした(*’▽’)

でもとっても綺麗でした♪

玉泉洞

鍾乳石の数にも驚きですね。

昔高校生の時、沖縄の鍾乳洞に入りましたがここだったのかな?(笑)


三線も習えます

おきなわワールド

沖縄といったら三線(さんしん)

あの独特の音が癒されますよね♪

おきなわワールドでは三線を体験することができます。

以前働いていた職場のガイドの方がおきなわワールドに勤めていて、姪っ子に三線を教えてくれました!

※2020年7月現在、コロナの影響で三線体験は当面の間中止しているようです。


ハブを触れます

おきなわワールド

爬虫類が苦手な方は難しいかもですが、ハブを触ってみたいという方にはおススメの「ハブ博物公園」

時間が限られているのですが、直接ハブに触れさせてくれます。

私が行ったときは、受付時間を15分オーバーしていたのですが、心優しいスタッフのお兄さんが少しだけ触らせてくれました♪

姪っ子は爬虫類大丈夫のようで、可愛いと言ってました(笑)

博物公園内には50匹以上のハブを展示しています!


ガンガラーの谷

ガンガラーの谷

おきなわワールドの隣には「ガンガラーの谷」という施設があります。

ガンガラーの谷は、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、豊かな自然が残る亜熱帯の森。

谷の広さは約14500坪、歩行距離は約1㎞。足を踏み入れて初めて分かる、広大な太古の世界が広がっています。

ガンガラーの谷公式HP引用

現在もこの場所は発掘調査が進められているんです。

ガンガラーの谷は、ツアーに参加しないと入ることができません(予約制)

入口が鍾乳洞カフェになっていて、そのカフェは一般の方でも利用できます。

ツアーは出発時間の決まった定員制なので、ネットで予約してから行きます(*^^*)

ツアーの所要時間は約1時間30分。

森の中を歩くので歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

ガンガラーの谷

案内してくれるスタッフの方がいるので、説明を聞きながらゆっくり進んでいきます。

立派なガジュマルの木があって、かなりの迫力です。

ガンガラーの谷

この鍾乳洞の奥にすごい鍾乳石がいます。

とっても立派で、参加者はその鍾乳石を触ってご利益をもらいます。

結構歩くので、途中で水分を取ります。

最初の説明の時に水筒を渡してくれるので、自分で飲み物を持って行かなくても大丈夫です(*’▽’)

虫よけも用意してくれているので、虫対策もできます。


終わりに

今回は沖縄の歴史を知ることができる施設をご紹介しました。

施設にはご飯屋さんもあるので、1日中遊ぶことができます♪

お子さんも楽しめる施設なので、ファミリーでも女子旅でもおススメです!

おきなわワールド公式HP

ガンガラーの谷公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました