【沖縄南部】戦争の傷跡が残る県内最古のシーサー|富盛の石彫大獅子

富盛の石彫大獅子沖縄おすすめ

今日は沖縄県内最古のシーサー「富盛(ともり)の石彫大獅子」をご紹介します。

戦争を乗り越えて、今も街を守る守り神です(*’▽’)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【沖縄南部】戦争の傷跡が残る県内最古のシーサー|富盛の石彫大獅子

集落内にある

富盛の石彫大獅子

「富盛(ともり)の石彫大獅子」は沖縄県八重瀬町にあり、那覇空港から車で高速道路を使わずに約30分、約20キロの場所にあります。

沖縄県内最古のシーサーとして有名です!

沖縄県有形民俗文化財に指定されています。

石獅子はジリグスクと呼ばれるグスクの中にあり、火除け(火返し)として尚貞王21(1689)年に設置されたもので、フィーザン(火山)といわれる八重瀬岳に向かっています。高さは141.2㎝、全長175.8㎝を測り、村落獅子として最大最古の石獅子です。

※石獅子設置の由来

当時村中に不審火が多いことで困っていた富盛村の住民が、久米村の蔡応瑞(大田親雲上)に風水を占ってもらった結果、八重瀬岳が原因だと判明されました。その対処として山に向かって獅子を建てると良いとの助言を受けて設置されたと伝えられています。

やえせ観光サイト公式HP引用

高台にあり急な坂を上がっていくので運転には気をつけて下さい。

近くにはおいしい沖縄そば屋さんや、コーヒー専門店があるので一緒に観光するのがおススメです(´▽`*)

富盛の石彫大獅子

写真の右側に見えるのが駐車場になっています。

駐車場から更に急な階段を上りますので足元気をつけて下さい!

「富盛(ともり)の石彫大獅子」以外に見学する場所はありませんが、見学者のためにちゃんと駐車場が整備されていて何台も止められるのでありがたいです!

見学、駐車場ともに無料です。

富盛の石彫大獅子

「富盛(ともり)の石彫大獅子」は沖縄戦でアメリカ兵が盾として使用していました。

下記の公式サイトで戦争中の写真が見れます。

やえせ観光サイト公式HP

体にはたくさんの弾痕が残っています。

たった75年前にこの場所で戦争が行われていたんだと痛感します。

沖縄南部は激戦区だったけど、こうして今も街の守り神として残っているのを見ると感慨深いですね。

沖縄をこうして守ってくださって感謝ですね(*´ω`*)

手を合わせずにはいられません。


八重瀬公園

八重瀬公園

「富盛(ともり)の石彫大獅子」から少し行ったところに「八重瀬公園」という公園があります。

この場所も高台にあるので眺めもよくおススメです♪

桜の時期に「やえせ桜まつり」を実施していて人気の場所です。

やえせ桜まつり公式HP

しかし普段はほとんど人がいないのでゆっくりお散歩できます(´▽`*)

駐車場は無料で、広いので止め放題です♪

八重瀬公園

公園入口左側には壕跡があります。

この場所も戦争で使用されていました。

八重瀬公園

説明もちゃんと書いてあります。

八重瀬公園

読んでいるだけで切なくなりますね。

戦争の恐ろしさを感じ、勉強になります。

八重瀬公園

気を取り直して公園散策♪

すさまじい階段の数(;’∀’)

高台にあるので、1番奥にある多目的広場までずっと階段です(^▽^;)

良い運動になりますね♪

八重瀬公園

途中に立ち入り禁止の場所があります。

看板を見たくても立ち入り禁止なので読めない(笑)

なので写真で撮影して拡大してみました!

八重瀬公園

この場所にお城(グスク)があったんですね!

入口の看板にはこの先に展望台と書いてあったので、以前は入って見学できたんでしょうね!

八重瀬公園

グスクの先には小さいですが遊び場があります!

何度も来ていますが子供が遊んでいたところを見たことはありません(笑)

八重瀬公園
八重瀬公園

多目的広場手前に東屋があります!

天気のいい日は八重瀬町がキレイに見渡せて最高の眺めです♪

お弁当持ってこの場所で食べるのも良いですね(*^^*)

八重瀬公園

多目的広場はとっても広いです!

子供が野球やサッカーするのにいい場所ですね♪


終わりに

今回は沖縄最古のシーサーと高台の公園をご紹介しました。

沖縄リピーターや沖縄の歴史に興味がある方にはぜひ行って欲しい場所ですね(*´ω`*)

おしまい♥

富盛の石彫大獅子公式HP

やえせ観光サイト公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました