【沖縄那覇市】たくさんの神様が祀られている神社|沖宮(おきのぐう)

琉球八社 沖宮沖縄の神聖な場所

今日は沖縄県那覇市にある「沖宮(おきのぐう)」をご紹介します。

境内にはたくさんの神様が祀られている珍しい神社です(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【沖縄那覇市】たくさんの神様が祀られている神社|沖宮(おきのぐう)

那覇空港から近い

琉球八社 沖宮

「沖宮(おきのぐう)」は沖縄県那覇市にあり、那覇空港から車で高速道路を利用せず約10分、約4キロの所にあります。

奥武山(おうのやま)公園という大きな公園内にあり、敷地内には「沖縄セルラースタジアム那覇」というスタジアムがあるので、プロ野球選手も参拝するそうです(*’▽’)

沖宮(おきのぐう)は那覇空港から1番近い琉球八社です。

琉球八社とは?

琉球王国において王府より「琉球八社(官社)の制」として特別の扱いを受けた、波上宮・沖宮・識名宮・末吉宮・安里八幡宮・天久宮・普天満宮・金武宮の8つの神社を琉球八社といいます。

一般社团法人 那霸市観光協会公式HP引用

琉球八社で最高位にあるのは「波上宮(なみのうえぐう)」です。


境内には御嶽(うたき)もある

琉球八社 沖宮

ひな祭り前後の時に行くと本殿にひな人形が飾られています(*^^*)

琉球八社 沖宮

本殿横にはかなりの数のお守りやおみくじがあり圧倒されます(゚д゚)!

神社ですが、境内には御嶽(うたき)もあります。

御嶽について知りたい方は下記をご覧ください。

沖宮(おきのぐう)とは?

沖縄ならではの美しい赤瓦屋根の本殿。その横の階段を上ったところにある天燈山御嶽(てんとうざんうたき)は、沖宮の御祭神である天受久女龍宮王御神(てんじゅくめりゅうぐうおうおんかみ)、別名・天照大御神(あまてらすおおみかみ)が鎮まる神地です。奥武山の街並みを一望できる高台にあり、辺りには清らかな気が流れています。現在は陸続きの奥武山ですが、かつては離れ島の美しい景勝地で、葛飾北斎が琉球八景のひとつとして描いているほどです。古くから守り伝えられる聖地。その御神徳を求めて県内外から今も多くの参拝客が訪れています。

一般社団法人那覇市観光協会公式HP引用
琉球八社 沖宮

本殿の左奥には赤い鳥居があります。

沖宮の入口にあった鳥居はクリーム色だったのに不思議ですね(*^^*)

琉球八社 沖宮

先ほどの階段を上って行くと天燈山御嶽(てんとうざんうたき)があります。

この場所は高台になっているので、那覇市街を見ることができます!

琉球八社 沖宮

その手前には「八坂神社」があります。

神代十二子の卯、巳、午、未、申、酉、戌、亥の神が祀られています。

沖宮公式HP引用

京都の八坂神社と何か関係しているのかしら?

琉球八社 沖宮

権現堂ならびに祖霊舎

七福神、御世十二支の祖神を御本尊として祀られています。

祖霊舎は、先祖代々が尽された使命の御名をまつり、その功績を称え、奉斎されています。

沖宮公式HP引用
琉球八社 沖宮

本殿の右側を歩いて行くと、「沖の茶屋」というお茶屋さんが出現します!

琉球八社 沖宮

私は入りませんでしたが、

「ジンジャー(神社)エール」という親父ギャグのような名前の飲み物があるそうです。

ご利益あるのかしら?(笑)

興味がある方は入ってみて下さい(*‘∀‘)

琉球八社 沖宮

お茶屋の前には「権現堂」というのがあります。

扉が閉まっていたのですが、たまたま近くをスタッフのお姉さんが通ったので声を掛けたら入って写真をとっても大丈夫と言われました♪

琉球八社 沖宮

お茶屋さんの奥には「弁財天」があります。

神代十二子の辰の神が祀られています。

沖宮公式HP引用

小さいですが滝があります。

琉球八社 沖宮

御嶽の下の方にも拝む所があります。

ちょっとした山登りができる沖宮の境内。

至ることろに神様がいるので、拝むのが忙しい( *´艸`)


終わりに

今回は那覇市にある琉球八社の1つの神社をご紹介しました。

奥武山(おうのやま)公園内にあるので、帰りに公園でゆっくりして行くのがおススメです(*^^*)

おしまい♥

沖宮公式HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました